海はひろいな おおきいな

梅雨明けしてスッキリ青い空の下、

高速1000円を利用して、張り切って海へ。

 

そろそろセールになってきた、お買い得な水着を

娘の来年用に購入したにもかかわらず

「さっそく、この水着が着たい」という娘。やっぱりな、新しい水着きたいよねということで

新しい水着を持ってウキウキワクワク。

 

行きの車中では、福山のCDを延々リピート。ライヴばりの盛り上がり、手拍子。

約3時間ずーっと。車に酔う母は、横を向いて歌うのにも必死でヘトヘトになりました。

いかんな・・・体力の落ちた私。これじゃ再来週のライヴは約3時間半。

体力持つかな。鍛えないと。

 

着いたら先に、車中でお弁当を。

Umi1 早く海に入りたいよー、とそわそわ。

 

 

 

 

 

Umi2 青い空と白い雲ー

ぽかぽか太陽、こんにちは♪

 

つい、「おかあさんといっしょ」の歌を

口ずさんでしまうあたり

独身の頃とは違うなーとしみじみ。

 

この海は、独身時代

今の旦那とデートでよく来た海で

思い出のたくさん詰まった場所。

1歳になったばかりの娘を連れてきたときも感慨深かったけど

こうしてまた娘と一緒に手をつないで歩く日が来るとは。

デートしてた頃は、

楽しそうな家族連れを見て、うらやましく眺めていたけど

今は、もうこの手の中にある幸せ。

 

いっぱい遊んで、たっぷり疲れて

帰りの車中で爆睡するかと思いきや、興奮のあまり20分ほど寝て覚醒する娘。

またまた2時間ほどライヴばりの盛り上がりに、母はぐったり。

 

帰ってからさらに花火をして、笑顔爆発。

母、ぐっすり。

 

追伸:誕生日の写真館の写真が出来上がりました。

素敵な笑顔満開の誕生日当日が過ごせたこと、1枚の写真を見ても

笑顔が詰まってるね☆おめでとう、三歳。

http://blog.studio-mario.com/28/7621/2009/08/de_1029473.html

| コメント (4)

N700

土曜の夜。

いつものように線路を組んでプラレールを走らせる娘。

その横でパパは昨夜買って来たNゲージの500系新幹線16両フル編成に

シールを貼りながら(○号車、とか禁煙席マークとかを貼るのです)

この車両ってどんな風になってたっけなぁ?(パパ)

うーん、○両目はどうやったかな?(ママ)

結局、細かい部分を思い出せず。

 

翌朝、日曜。

近々、(模型作る為に)500系見に行かないとなぁ。ということになり

「じゃ、今から行こう」

と、新幹線を見に新大阪へ。

 

遠距離恋愛をしていた昔、よく、この新大阪のホームへ

入場券を買って入り、制限時間の2時間ぶんたっぷり、新幹線を眺めていたものでした。

(彼を迎えに行ったんちゃうんかぃ)

 

N700

2時間の入場券でいかに効率よく見るか。

鉄っちゃんの血が騒ぐ両親。

 

まずは○番線にN700が来るな。

次はあっちのホームにレールスターを。

その○分後に500系が。

 

と、あちこちウロウロ。

しまじろうのDVDで見てた光景のように、「出発、しんこーう」と言って喜ぶ娘。

500

あまりの暑さに「お茶のむ?」と訊くと

「とりあえず、中(新幹線車内)でのもうよ」・・・・・

(乗らないぞ)

 

見るだけ見て、たっぷり見て、何本も見送りして、

終了。

 

夏休み中の土日というのもあって、駅のトイレでオムツ替えしようと並ぶが

30分以上は待った。

オムツだからいいようなものの、オムツが外れてたら、幼児に30分トイレ待ちは

キツイものがあるだろうな。

おでかけ時はオムツが便利ですわ。

 

そして、関西限定じゃがりこ「ねぎ焼き味」をお土産に買って帰宅。

入場料だけでも結構、遊べますな。(鉄っちゃんだけか)

| コメント (2)

誕生日

昨日はあれから、バタバタと部屋の飾りつけをして

掃除機、拭き掃除が終わったところに娘とパパ起床。

(もう、すでに一汗もふた汗もかきました・・・ダラダラ)

 

誕生日だけは、アマアマに優しくしてあげようと思いつつも

朝ごはんを一口、二口だけたべて、納豆を口に入れたらベェ~・・・と出し

「もう、いらない」と言った娘には、こっぴどく叱り

「誰が悪かったの?!言いなさい!」

「ななこがわるかった・・・・ごめんなさ~ぃ・・・(涙)」と、ゼッタイに悪いことの後は

泣き落としでは終わらせず、謝らせます。

内心、(娘の誕生日の朝に、何やってんだろ。。わたし。)と反省しましたが

しつけは、しつけ。

誕生日だけは特別、なのはまた別の話ですもんね。

 

にっこりご機嫌、仲直りしたらまずはハッピーバースデーの絵本をプレゼント。

Bd1 アンパンマンのストーリーに、

娘の顔がハメコミで登場する絵本。

中のページはPCとプリンターで、自分で作るキットとして売ってるものです。

内緒で作りたかったけど、すぐにバレ、

一緒に作成です。

 

それでも大喜び。朝イチから、何度繰り返し、読みきかせさせられたことか。

その後、自分でも読んでました。ひたすら。

 

午後からはスタジオ○リ○へ、写真撮影に。

2歳の時も、ご機嫌すぎて困るぐらいだったから安心はしてたけど案の定。

数日前から「ピンクのドレスにする」と張り切ってただけあって

ドレス選びも、早いこと!

結局3着、お着替えして撮影。完成まで楽しみにしとこうね、と、

予想通り「脱ぎたくない、帰りたくない」と号泣する娘をなんとか説得。これがなぁ・・・・

 

まぁ、歯医者でも「帰りたくない」って号泣するぐらいだから、

お姫様扱いされるスタジオから、現実世界に帰りたくないのは判るが・・

 

Bd2 夜は娘が水遣りして一生懸命育てた

トマトスープと、トマトソースハンバーグと。

トマト&ピーマンのピザなど。

自分で育てた!って思うと、また格別な美味しさだったようでペロリ。

 

朝の一撃?!が効いたのか、

しっかりもりもり、自分で、食べてました。ヨシヨシ。

 

 

 

Bd3 待ちに待ったケーキ!

とはいえ、うちの娘はクリームとか

ケーキとかあんまり好きじゃないので

主にトッピングしか食べませんが・・・

ダイエットママの敵?!とはいえ、

しっかり食べますよー、ママ。

 

ロウソクを吹き消すのと、トッピングチョコを堪能した娘は

夜、おばあちゃんから送られてきた、プレゼントの浴衣を着ながら

オモチャで遊んでました。

しっかり、心に、思い出に残った一日になったかな?

おめでとう、ナナコ、3歳!

| コメント (2)

できたーっ

できたーっ
娘の3歳の誕生日。
今朝は毎年恒例の『産まれた時間に写真を撮る』ため、朝5:50に起き、カメラのチェック(日付が合ってるか)。
朝6:30、爆睡する娘をパチリ☆
そのあと、キャラデコケーキの仕上げ、デコレーション☆スポンジは昨夜焼いておきました。
ふぅ、なかなかよく出来た、と自己満足の世界。

| コメント (3)

夏のトマト鍋

我が家は鍋の季節=冬 ではなく、年中鍋大好き一家なので

この時期、あんまりスーパーに「鍋のもと」が置いてないのもあって

冬場にかなりストックしておきます。

 

唯一、キムチ鍋のもとって一年中置いてるんだけど

2歳児がいる家では、なかなか・・・・

 

ゆず白湯鍋の素、ごま豆乳鍋の素、白菜鍋の素、マイルドカレー鍋の素

は、ウチの定番でしたが

どれもやっぱり「冬の味」っていう感じ。

 

それがこの夏、きっと夏鍋用?に売り出されたんだろうな、トマト鍋の素を発見。

ダシはもちろん、真っ赤!トマトジュースでもいいんじゃないの!?

って思ったけど、やっぱりホタテなどのダシが効いてて、たまりません。

Tomato 具はベーコン、豚バラ、

キャベツ、玉ねぎ、パプリカ

豆腐、エリンギ、

そして、自家製のピーマン、プチトマト、桃太郎トマトも入れて煮込む。

とろけた熱々トマトがジューシーで

たまらない鍋です。

 

洋風なのもあって具材がまるでポトフ。

〆はご飯ととろけるチーズを足して、トマトチーズリゾット!!

 

子供も大人も大満足な鍋、一度お試しあれー。

| コメント (0)

デコタオル

母さんは よなべをして~・・・・

じゃないけど、主人が出張で留守だった昨夜、

娘を寝かしつけた後は、夜を独り占めしたかのように

わたし時間を満喫。

 

前々からしよう、しようと思ってた、通称化身タオルにデコ。

福山雅治のシングル、化身の初回限定盤についてるタオルで

ライブツアーではこれを振り回す、しかもオリジナルにデコして!

という、ましゃの提案のもと、せっせとちくちく、デコするのです。

Taoru オリジナルはコレ。

 

 

 

 

Taoru2 昨夜はちょっとだけ。

ところどころの波に色をつけたのと

20周年の20th、福の点をハートに。

 

 

さて、ライヴまであと一ヶ月切ったし、もうちょいガンバろ。

| コメント (0)

パンケーキブランチ

今朝は旦那が遅めの出勤だったので、

ブランチにパンケーキを焼きました。

Pancake

 

私がいつもお取り寄せしている、ULTRA MIXのパンケーキミックスは

あっさり、もちもち、ふんわりで凄く美味しい!

 

市販のホットケーキミックスと違って、バニラエッセンスの香りがあまりしない。

よくあるホットケーキミックスはあの甘い香りが食欲をそそる反面、

何枚も焼いてるうちに

ウプッ・・と、あまりに甘い香りでおなかが膨れてしまう。

 

でも、これは違って、おやつというよりほんとに食事にぴったりなパンケーキ。

メイプルシロップにバターという定番以外に、

ハムやタマゴ、チーズを挟んで食べても美味しいのは

甘さ極控えめならでは。

娘も普段はそんなに食べないのに、ビックリするぐらいのペースでペロリ。

 

ぜひお試しあれ。

| コメント (2)

散歩習慣

ここのところ、体重増加が気になるわたし。

まぁ、旅行では車に乗りっぱなし、家事はしなくていいわ

おいしいご馳走、上げ膳据え膳。

ましゃのライヴまで一ヶ月ちょいとなったのに、頑張らないと。

痩せていく、どころか、このままじゃ・・・・MAXで行くことになりかねない。

 

で、ここ2日ほど頑張ってる(まだ2日かよ)のが、散歩。

サウナスーツ着て、颯爽とウォーキング!と行きたいところですが

2歳児の歩くペースにあわせてだと、なんか格好だけそれじゃ、ヘン。

 

でも、うちのムスメ、さすがド田舎育ち。

足腰が鍛えられております。片道(上り坂)45分の道をひたすら

歩く。神社目指して歩く、歩く。歩く、あるく。

炎天下を。

 

もちろん、途中で給水ポイントならぬ、お茶のみポイントを作りながら

汗をかきかき、歩く。

途中でタンポポやシロツメクサや、石ころや、葉っぱを見つけては

「これ、取ってもいい?」

いいよ、と言うと嬉しそうに取って、大事そうに握り締め、歩く。

 

神社に着くとやっとこさ、日陰。(木が生い茂ってる)

お清めの手洗いをして、さっぱり。手を合わせて、お参りして、ちょっと休憩したら

また出発。帰りも同じ道をはるばると。途中、すべり台のある公園で

何回も何回も、すべり台をするムスメに、疲れ果てた私は日傘を持って

呆然と眺める。

 

よくやるよ~・・・・ほんと。

すべり台ってことは、このウォーキング+はしご?に何度も上ってるわけだもんね。

 

いつもはゼッタイ買わない!と決めてる、帰り道の自販機で

今日は母も誘惑に負け、カルピスを買ってしまう。

二人でわけたカルピスの、それはそれはおいしかったこと!

 

いつか娘がカルピスを飲んだとき、この夏の日のことをチラリと思い出してくれたら

嬉しいなぁ。

 

往復2時間ちょいの散歩ウォーキング。

家にたどり着いたら、シャワーを浴びてお昼ご飯を食べて

扇風機の前でごろりん。

気持ちよい夏の日です。(早く梅雨明けないかなー)

| コメント (4)

海は広いな、大きいな

2泊3日で温泉へ行ってきました。

今回の一番の目的は、海水浴。

 

夏休み前のこの時期が一番空いてるから、というので

この時期にしたけど

一週間前からの天気予報でずっとずっと雨マーク。

あぁ・・・・まぁ、温泉があるから海は諦めるか。と半ば諦めモード。

 

晴れ男の旦那が一緒だけど、今回ばかりは無理?と思って迎えた前日。

それでも予報では、雨っぽかった。

・・・なのに、のに!

Umi

 

2泊3日間、傘要らず。それどころか、日傘忘れたよ~・・・となるぐらいの

陽射しの中、日本海を泳いできました。娘も最初は怖がりつつも

最後はやっぱりお決まりの「まだ 帰らない!」。

 

水着着用のため、オムツを外してたら

しっかり

「おしっこ」をいえるようになってるし、この2泊3日はトイレでオシッコ。

紙おむつをいつもどおり1パック持参していたのだが・・・。嬉しい誤算。

 

2泊はそれぞれ違う旅館で泊まったけど

どちらもなかなか良く、特に玉造温泉界隈は旅情溢れる素晴らしいところでした。

Yakei 7月は、夜、川沿いにロウソクが灯され

ちょうちんを持ってお散歩に出られるのです。

ちょうちんも本物のロウソクが中にあるので

味わい深いもの。

提灯はたくさんある中からハート柄のを借りましたが

お決まりの「舌と目のついたお化けちょうちん」もあったのが面白い。

 

川沿いには足湯があって、そこで一休みしながら散策。

まだまだ夏本番じゃないので、涼しい夜が気持ちよかった。

 

旅館のロビーにあった七夕かざりに願いをこめて

ムスメもなにやら文字を書いておりました(当然、宇宙語)。

Tanabata 他の人の願いごとを読んでると

結構面白くて、笑ってしまいます。

 

みんな色んな悩みを持ってるのね~とつくづく。

「妻がメールをやめますように。」という

一言がかかれた短冊もあり、

ちょっと意味深?なのかどうなのか、

諸事情が知りたくなりました。(ほっとけ)

 

ムスメは大はしゃぎ(そりゃそうだろな)で、帰路についた車中では

「もっと温泉で あそびたかったのに~!!!」とつぶやきながら

現実にもどってまいりました。(パパもママも同じ思いだわぃ)

| コメント (2)

幼稚園に行きたい

年少から幼稚園に入れようと思っているので

いよいよこの夏、幼稚園の願書提出、面接、入園準備が迫ってきました。

 

今日は幼稚園の見学に。

自分が通っていたところは公立だったので、こんなに綺麗だったかなー?

って思うことばかり。やっぱり私立は違いますな。

 

公立で全然OKな私なんですが

家の近くにないのと、送迎バスが無いので私立しか選択肢がなく

しかたありません。

 

まぁ、公立だと二年保育しかないし、

普段のヤマハ教室での様子、サークルでの様子を見てると

出来れば3歳児からそういう環境に入るのもいいなと思っているので

私立でいいかな。

 

娘は

幼稚園に着くと、自分で靴を脱いで

用意された子供用スリッパに履き替えて、自分でゲタ箱に靴を入れて・・・

園長先生にペコリと頭を下げ、「はじめてましてー(はじめまして、のこと)」と

ごあいさつする姿に、成長を感じます。

 

幼稚園の小さな便器と扉がいっぱい並ぶトイレにいってみたり、

階段を一人で上り下りしてみたり

小さな椅子に座って、絵本を読んだり・・・・

成長に嬉しくなりつつも、

あぁ、こうやって、親からもう離れていくんだなー・・・、子離れのほうがつらそうだわ。

と実感。

 

毎日べったり一緒にいられる時間も、もう少しなんだな。さみしー・・・・・

なんて。

自分の時間が出来るのは、嬉しいやら寂しいやら。

 

一通りウロウロ見学させてもらったら

娘はもう、通う気マンマンで

「3さいになったら ここに通えるのー?やったーわ~いわ~い♪」と

スキップ。

そして、帰ろうか、というと涙。

オイオイ。

 

歯科検診で歯医者さんに行ったときもだったけど、

「かえりたくない」

って泣くのが、手のかからないナナコの唯一?の大変なところ。

 

幼稚園に通いだすとき、みんなが心配する、登園初日~一週間ほどの

「行きたくないー(涙)」よりも

うちのムスメ・・・・もしかして幼稚園から

「かえりたくなーい(涙)」

って、幼稚園で号泣するのかも・・・・・(ドキドキ)

 

よほど、家が居心地悪いみたいに思われるじゃんか!!

| コメント (3)

«ラウンド1