« 2009年7月 | トップページ

海はひろいな おおきいな

梅雨明けしてスッキリ青い空の下、

高速1000円を利用して、張り切って海へ。

 

そろそろセールになってきた、お買い得な水着を

娘の来年用に購入したにもかかわらず

「さっそく、この水着が着たい」という娘。やっぱりな、新しい水着きたいよねということで

新しい水着を持ってウキウキワクワク。

 

行きの車中では、福山のCDを延々リピート。ライヴばりの盛り上がり、手拍子。

約3時間ずーっと。車に酔う母は、横を向いて歌うのにも必死でヘトヘトになりました。

いかんな・・・体力の落ちた私。これじゃ再来週のライヴは約3時間半。

体力持つかな。鍛えないと。

 

着いたら先に、車中でお弁当を。

Umi1 早く海に入りたいよー、とそわそわ。

 

 

 

 

 

Umi2 青い空と白い雲ー

ぽかぽか太陽、こんにちは♪

 

つい、「おかあさんといっしょ」の歌を

口ずさんでしまうあたり

独身の頃とは違うなーとしみじみ。

 

この海は、独身時代

今の旦那とデートでよく来た海で

思い出のたくさん詰まった場所。

1歳になったばかりの娘を連れてきたときも感慨深かったけど

こうしてまた娘と一緒に手をつないで歩く日が来るとは。

デートしてた頃は、

楽しそうな家族連れを見て、うらやましく眺めていたけど

今は、もうこの手の中にある幸せ。

 

いっぱい遊んで、たっぷり疲れて

帰りの車中で爆睡するかと思いきや、興奮のあまり20分ほど寝て覚醒する娘。

またまた2時間ほどライヴばりの盛り上がりに、母はぐったり。

 

帰ってからさらに花火をして、笑顔爆発。

母、ぐっすり。

 

追伸:誕生日の写真館の写真が出来上がりました。

素敵な笑顔満開の誕生日当日が過ごせたこと、1枚の写真を見ても

笑顔が詰まってるね☆おめでとう、三歳。

http://blog.studio-mario.com/28/7621/2009/08/de_1029473.html

| コメント (4)

N700

土曜の夜。

いつものように線路を組んでプラレールを走らせる娘。

その横でパパは昨夜買って来たNゲージの500系新幹線16両フル編成に

シールを貼りながら(○号車、とか禁煙席マークとかを貼るのです)

この車両ってどんな風になってたっけなぁ?(パパ)

うーん、○両目はどうやったかな?(ママ)

結局、細かい部分を思い出せず。

 

翌朝、日曜。

近々、(模型作る為に)500系見に行かないとなぁ。ということになり

「じゃ、今から行こう」

と、新幹線を見に新大阪へ。

 

遠距離恋愛をしていた昔、よく、この新大阪のホームへ

入場券を買って入り、制限時間の2時間ぶんたっぷり、新幹線を眺めていたものでした。

(彼を迎えに行ったんちゃうんかぃ)

 

N700

2時間の入場券でいかに効率よく見るか。

鉄っちゃんの血が騒ぐ両親。

 

まずは○番線にN700が来るな。

次はあっちのホームにレールスターを。

その○分後に500系が。

 

と、あちこちウロウロ。

しまじろうのDVDで見てた光景のように、「出発、しんこーう」と言って喜ぶ娘。

500

あまりの暑さに「お茶のむ?」と訊くと

「とりあえず、中(新幹線車内)でのもうよ」・・・・・

(乗らないぞ)

 

見るだけ見て、たっぷり見て、何本も見送りして、

終了。

 

夏休み中の土日というのもあって、駅のトイレでオムツ替えしようと並ぶが

30分以上は待った。

オムツだからいいようなものの、オムツが外れてたら、幼児に30分トイレ待ちは

キツイものがあるだろうな。

おでかけ時はオムツが便利ですわ。

 

そして、関西限定じゃがりこ「ねぎ焼き味」をお土産に買って帰宅。

入場料だけでも結構、遊べますな。(鉄っちゃんだけか)

| コメント (2)

« 2009年7月 | トップページ